someone - Biophilia 連動企画 : 皮膚を通してアレルギー・がん・感染症と闘う ― 経皮投与型ワクチンの開発を目指して―

加算ポイント:3pt

商品コード: adma0162

¥ 309 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア

商品について

井上浄

皮膚という臓器

「これほどまでに身近に感じる臓器はほかにはない」。皮膚に関する研究をスタートして初めて感じた感覚である。あまりに身近すぎて、それまでに意識する時といえば外傷による痛みや痒み、乾燥によるひび割れなどぐらいであった。さらには他人と向かい合った時、おそらくは目や口、鼻などの顔を中心とする部分や、服装や背丈などを見るということは自然なことであり、そこで、手を取ってまじまじと皮膚を見る人はなかなかいないはずだ。ところが皮膚にしてみれば、その人を覆っている最大の臓器であり、最も目立つ臓器であってよいと考えているのではなかろうか。実際にはかなり控えめな存在であり、当時の私にとってもやはり当たり前の存在であった。そのような中、皮膚の研究をスタートして間もなく私の中で衝撃的な事実に出会うことになる。それは皮膚のバリアー機能をとてもはっきりと示すデータであった。