BIOPHILIA 第10号(2007年6月・夏号) 生命の起源に迫る

加算ポイント:18pt

商品コード: adm0010

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア
数量

商品について

【特集/Biopbili Spi】
『生命の起源に迫る』

生命はどこからきたのだろうか?
という問いは古くからさまざまな形で人々に論じられ、それを探るための試みも数多く行われてきた。生命の起源は未だ謎であり、その探究は現在も脈々と続いている。
本特集では、まず、生命の起源論の歴史を概観し、現在日本で出されている最新の仮説、理論を取り上げる。また、すべての生物に共通の祖先遺伝子を探る試みを紹介する。生命の起源論の今に迫る。

見出し'【巻頭言】 生命科学の進展に寄せて 動物福祉と動物実験代替法への考慮の必要性について 大野泰雄 【特集/Biopbili Spi】 『生命の起源に迫る』 生命の起源 ─その諸説粉々─           長野 敬 GADV仮説から見えた生命誕生への新たなシナリオ  池原健二 生命は地下で生まれた  ─「太古の海は生命の母」の呪縛を解く─     中沢弘基 生命の“もと”は宇宙から?  ─高分子態複雑有機物と生倉の起源:   がらくた分子から生命へ─           小林憲正 遺伝子からどこまでさかのぼれるか  ─全生物共通の祖先遺伝子を探る─        山岸明彦 【連載/Serial】 新連載 ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して 情動発達とその障害発症機構 ─扁桃体の役割─                     西条寿夫、小野武年 ヒトと動物の共生へ 第8回 水族館で海獣と暮らす 勝俣悦子 新連載 someone-Biophilia連勘企画 二酸化炭素を減らして地球温暖化を防ぐ  ─長期的展望に立つ光合成微生物の利用─     都筑斡夫 微細藻類を用いた二酸化炭素固定技術の紹介  ─事業会社としての取ゆ組み─ 鈴木健吾、尾形直久 東祥医学と西洋医学の融合を目指して 第4回 脳血管性認知症病態モデルにおける和漢薬作用    松本欣三 海外科学雑誌惰報 Silva Scientiae III       久原孝俊 【総説/General Remarks】 ディープインパクト号は空を飛んで走るのか?    高橋敏之 前立腺がん治療薬開発物語  ─ペプクイFホルモンの試験管ガラス壁への吸着防止方法から   前立腺がん治療薬開発まで─       中山亮、山崎巌、農原弗子、木村義昭、安斎享征田 【Biophilia 対談】 こころと医療 ─医師と慰者のよはい関係を築く─                      森 亘/永田良一 ジェネリック医薬品とは ─その現状と課題─    廣谷芳彦 高き峰めざして ─高峰譲吉の生涯とその業績─ 乳児栄養研究における人工哺育システムの開発                     中山 悠、桑田 有 【インフォメーション/Information】 研究室訪間 立教大学理学部化学科 田渕眞理研究室 官庁インフォメーション