BIOPHILIA 第11号(2007年9月・秋号) 宇宙での生物観察、実験

オススメ

加算ポイント:18pt

商品コード: adm0011

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア
数量

商品について

【特集/Biopbilia Special】
宇宙での生物観察、実験
─水棲生物を用いた試み─

人類にとって初めての「国境のない場所」国際字宙ステーション(ISS) の建設がアメリカ、日本、ヨーロッパ各国などが協力して計画が進められている。日本からは、ISS に実験モジュール「きぼう」が取りつけられ、各種実験を行う予定となっている。そこで行われる生物実験で用いられるのが水棲生物である。本特集では、宇宙生物学の歴史と意義を概観し、用いられる各種水生動物について、その性質や意義について、また、「きぼう」でどのような宇宙実験がなされるのか、そこで用いる装置など日本発の宇宙生物実験の展望を紹介する。

見出し'【巻頭言】 生命科学の進展に寄せて  真の生命科学振興を願う             中村桂子 【Biophilia 対談】 こころと医療 患者の望む医療の実現を求めて  ─日本における理想の医療のかたちとは─                     山折哲雄/永田良一 【特集/Biopbilia Special】 宇宙での生物観察、実験 ─水棲生物を用いた試み─ 宇宙生物学のススメ                山下雅道 水棲生物を用いた宇宙実験  ─水生生働からヒトヘ─   石岡憲昭、益川充代、大森克徳 メダカを用いた宇宙実験  ─宇宙での子づくり─              井尻憲一 カエルを宇宙へ  ─アフリカツメガエルを用いた宇宙実験─           柏木昭彦、柏木啓子、古野伸明、新海 正 ゾウリムシは宇宙を目指す             最上善広 「きぼう」での日本発字宙生物実験         矢野幸子 【連載/Serial】 ヒトと動物の共生へ 第9回  変わりゆく21世紀の動物園   一よこはま動物園(ズーラシア)の取り組み   松本令以 新連載 生き物たちに向けてきたまなざし  第1回 ナチュラルデータと取り組んだ歴史    西村顯治 新連載 化学進化論で探る生命起源  第1回 化学進化論の成り立ちと生命の起源論   村江達士 【総説/General Remarks】 鳥インフルエンザウイルスの脅威          大槻公一 狂犬病─36年ぶりに発生─             山田章雄 ナショナルバイオリソースプロジェクト紹介  日本生まれのモデル植物─アサガオ─      仁田坂英二 安全な手術を求めて─麻酔の先駆者たち─      谷藤泰正 私たちは数多くの微生物とともに生きている    佐々木 隆 海外科学雑誌情報 Silva Scientiae IV       久原孝俊