BIOPHILIA 第14号(2008年6月・夏号) 「環境遺伝子」研究の最前線2

加算ポイント:18pt

商品コード: adm0014

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア
数量

商品について

【特集】
『環境遺伝子』研究の最前線2
-化学物質の環境リスク研究への取り組み-

環境汚染問題も含め、化学物質に囲まれたこの地球上での我々の生活にはどのような危険が潜み、あるいは実際に我々に忍び寄ってきているのであろうか? 環境化学物質がもたらす「環境リスク」問題は未来(次世代)に先送りしてはならない「疑わしきは罰せず」ではすまされない問題である。「環境リスク」研究の最前線を探る。

見出し'【特集】 『環境遺伝子』研究の最前線2 -化学物質の環境リスク研究への取り組み- 化学物質の影響から未来世代を守るために 深田秀樹、森千里(千葉大学) 発達障害の要因となる神経毒性をもつ環境化学物質 木村-黒田純子、黒田洋一郎(東京都神経科学総合研究所) 胎児期・新生児期の化学物質曝露と発達への影響 大竹貴光(産業技術総合研究所)、許暁彬(武蔵大学)、 加藤進昌(昭和大学) 環境ホルモンの男性生殖機能への影響 岩本晃明(国際医療福祉大学病院)、 吉池美紀、野澤資亜利(聖マリアンナ医科大学) 環境化学物質の子どもへの健康影響を探る 曽根秀子、米元純三(国立環境研究所) 子どもたちの健康と環境を守るために―世界の動向― 河原純子(国立環境研究所) 【巻頭言】 生命科学の進展に寄せて 林良博(東京大学) 【総説】 植物で作る環境にやさしいプラスチック 島田浩章(東京理科大学) 【総説】 「植物医師」の養成と「植物病院」ネットワークの構築を目指す 難波成任(東京大学) 【総説】 NRBP(ナショナルバイオリソースプロジェクト)紹介  酵母-究極のモデル生物- 中村太郎(大阪市立大学) 【連載】 生き物たちに向けてきたまなざし  21世紀に向けて転換する世界観 西村顯治 【連載】 ヒトと動物の共生へ  動物福祉ってなんだろう? 本田幸恵 ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して  統合失調症の認知機能への神経心理学的アプローチ 松井三枝(富山大学) 【someone-Biophilia連動企画】 石油に依存しない新しいエネルギー源のために  ―イオン液体を使ったセルロースの常温溶解― 大野 弘幸(東京農工大学)  環境を浄化する細菌  ―自然環境中のアナモックス細菌を探し出せ!― 天野 皓己、吉永 郁生(京都大学)、 諏訪 裕一(中央大学) 【Silva Scientiae(海外科学雑誌情報)】 久原孝俊(順天堂大学) 【研究室訪問】 日本女子大学理学部 宮本研究室