BIOPHILIA 第16号(2008年12月・冬号) 感染症を知る

オススメ

加算ポイント:18pt

商品コード: adm0016

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア
数量

商品について

【特集】
感染症を知る

 医学の歴史は、人類と感染症との戦いの歴史ともいえる。これまで人類は多くの感染症に対応してきたが、撲滅したはずのものの再興、新たな感染症の勃興は絶えない。また、海外渡航者が増え、地方風土病であった感染症が世界へと広がりを見せている。
 本特集では、常に人類を悩ませる存在である感染症とは何かを概観し、身近な感染症である細菌性食中毒、近年成人の間での流行が話題となった麻疹をはじめ、結核、ウイルス性肝炎、寄生虫感染症、動物由来感染症などを取り上げ、その症状や予防法、最新の研究情報を解説する。

見出し'【巻頭言】 生命科学の進展に寄せて 生命科学・医学研究者が備えるべき「マナー」 金澤一郎 【特集】 感染症を知る 特集にあたって 宮村達男 新型インフルエンザのパンデミック対策  ─鳥インフルエンザから新型インフルエンザ発生への   危倶と準備の必要性─ 岡部信彦 細菌によって引き起こされる食中毒 寺嶋 淳 命定めの病「はしか」  ─近年の麻疹の流行とその対策─ 多屋馨子 沈黙の臓器に忍び寄るウイルス  ─ウイルス性肝炎─ 脇田隆字 多くの新興感染症出現のもとZoonosis:動物由来感染症 山田章雄 再興した感染症「結核」の診断・治療・予防法 小林和夫 【連載】 ヒトと動物の共生へ 第14回  コウノトリとの共生を通じた新しい地域づくり 増井光子 インスリンの発見から糖尿病治療薬の開発へ 第2部  インスリンの作用発現機序 池田 衡 生き物たちに向けてきたまなざし 第6回  昆虫が敲いた新科学の扉  2 無脊椎動物に揺さぶられた比較解剖学 西村顯治 【総説】 海と人の未来をつなぐ新・水産生命科学  北海道大学21世紀COEプログラム  「海洋生命統御による食糧生産の革新  ─海の生物の高度で安全な活用を目指して」の   目標とその成果─ 荒井克俊 アクアポリン水チャネルの多彩な機能とその障害 石橋賢一 NRBP(ナショナルバイオリソースプロジェクト)紹介  カタユウレイボヤ・ニッポンウミシダ   ─海産無脊椎動物のリソース展開─ 笹倉靖徳、稲葉一男、佐藤矩行、赤坂甲治 感染症研究に必須のリソース:  病原微生物─とくに病原真菌と病原放線菌について─ 三上 裏 市民が科学技術に「参加」する 若松征男 someone-IBiophilia連動企画  人工核酸を駆使した遺伝子治療 大窪章寛、清尾康志、関根光雄 海外科学雑誌情報 Silva Scientiae IX 久原孝俊