BIOPHILIA 第17号(2009年3月・春号) 毒のサイエンス

加算ポイント:18pt

商品コード: adm0017

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア
数量

商品について

【特集】
 毒のサイエンス

 毒には、生物が身を守るためや、進化の過程での何らかの原因で身につけたもの、また、人問が生み出してしまった化学物質などさまざまなものがある。毒はからだにとって「害」、薬は「益」、と言葉の意味はまったく逆だが、どちらも「生体に影響を与えるもの」であり、科学的には同じものとして捉えることができる。猛毒に含まれる物質を麻酔などの薬として利用することもあるし、薬も摂取量によっては毒となる場合もある。特殊な物質に限らず、身の回りに存在する物質も摂取量次第では毒となる可能性がある。本特集では、生物が持つ毒の科学、毒と薬の関係など、毒にまつわる科学を紹介する。

見出し'【特集】 毒のサイエンス  ・毒と薬のはざま/海野 隆  ・フグ毒の科学    ―生命科学によるフグ毒の謎へのアプローチ―/山下 まり  ・ウニ類の棘には毒がある    ―糖鎖を認識するタンパク質毒素―/中川 秀幸  ・毒をもって身を守る?    ―ヘビ毒の科学―/三島 章義  ・トガリネズミ、カモノハシ毒の謎に迫る    ―哺乳類の持つ毒の科学―/北 将樹  ・クモの毒を科学する/池田 博明  ・まだまだ見つかる毒キノコ    ―日本におけるキノコ中毒―/横山 和正 【巻頭言】   生命科学の進展に寄せて/唐木 英明 【総説】   DNA鑑定で偽装牛肉を切る!!―牛肉の科学―/万年 英之   エイズの基礎知識/山本 直樹   NBRP(ナショナルバイオリソースプロジェクト)紹介   ラット―ヒトのモデルとしての活用―/芹川 忠夫   広義キク類    ―ゲノム撹乱とリソースの役割―/谷口 研至 中田 政司 草場 信   someone-Biophilia連動企画   植物の“漬けもの”化石から探る世界と自分    ―諸君は何を探していますか?―/西田 治文 【連載】  インスリンの発見から糖尿病治療薬の開発へ 第3部  糖尿病治療の開発状況と将来展望/池田 衡  海外科学雑誌情報 Silva Scientiae X /久原 孝俊  発売日 3月10日