BIOPHILIA 第21号(2010年3月・春号) 脳科学研究の最前線

加算ポイント:18pt

商品コード: adm0021

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

関連カテゴリ

  1. ビオフィリア
数量

商品について

【特集】
 脳科学研究の最前線

 遥か彼方に広がる宇宙と、身近な存在である脳。この2つほど、科学者の興味を かきたてる研究テーマはないだろう。本号では現在の脳科学研究の現場で行われている研究について、第一線の研究者に執筆いただく予定である。脳はまだまだわからないことが多く、それゆえに研究テーマとしては深いものがある。
 脳を知るということは、数々の病気の原因を知ることだけではなく、我々人間がなぜ生きているのかを探ることにもつながっていく。人は匂いや時間をどのように認識しているのか、統合失調症の原因究明など、最新の、脳にまつわる科学を概観する。

見出し'【特集】  脳科学研究の最前線  ◇脳と心の分子メカニズム― 大きな遺伝子効果を利用した   統合失調症の病因研究― … 新井誠、市川智恵、糸川昌成  ◇生物時計― 体のリズムを統合する脳の時計機能―                        …本間さと  ◇脳の発生・発達における神経幹細胞                   …篠原広志、大隅典子  ◇双極性障害における神経生物学的研究    …加藤忠史  ◇学習と脳の可塑性             …高橋宏知  ◆総説◆  ◇日本人ときのこ   ・日本のきのこ分類研究のあけぼの      …根田仁   ・冬から春にかけての野生きのこ      …吹春俊光  ◇第2回GABEX国際会議   ― 国内で催された生命・医療倫理の大規模国際会議―                    …有馬斉、伊吹友秀  ◇物理学科卒業の私が漫画家になったわけ  ◆連載◆  ◇光る生物の応用研究最前線 第3回   化学者にとっての、はかない生物の光   ―ホタルイカの生物発光―         …寺西克倫  ◇昆虫のふしぎを探る 第1回   ヤマトヒメミミズの再生研究による未知の遺伝子の探索                       …茗原眞路子  ◇やさしい生命倫理学講座 第2回   発生学の展開と幹細胞研究の諸問題 …井上悠輔、赤林朗  ◇女性研究者を支援する取り組み 第4回   神戸大学の女性研究者支援   ―「神戸スタイル」によるシステム改革― …朴木佳緒留  ほか 発売日 3月10日